Trophy Manager の日本語翻訳担当になりました。 - 世界一面白いサッカーゲームは Trophy Manager

Trophy Manager の日本語翻訳担当になりました。

TM 翻訳
2012年04月03日
Trophy Manager の翻訳を統括しているスタッフ(Hattrick でいえば Super LA かな)とコンタクをとったところ、どうやら以前、日本語化の計画もあったらしいのですが、翻訳するユーザー(Hattrick では翻訳担当のスタッフは LA (Language Administrator) と言いましたが、 Trophy Manager では LT というようです)が見つからず頓挫したとのこと。
基本的にボランティアの作業になるようで、余裕のある範囲でやれば構わないということなので、日本語の LT になりました。
スタッフは "Teamster" と呼ばれているようで、LT は "Language Teamster" の略。

ただ、まだ始めて1ヶ月も経っていない新米ユーザーなので、ルールを把握しながらの作業になります。
英語も特別堪能というわけではありません。
また、一人では作業が多すぎるので、本来翻訳作業は複数の翻訳スタッフで分担するようで、何人かの協力者を探すよう強く勧められました(難しそうですが)。

空いた時間を使って作業を進めればいいと言われました。明確な義務はないようです(そのかわり報酬もないと思います)。


翻訳作業は大きく3つに分かれるようです。

1) 通常ページ
2) ユーザー・ガイド
3) Live match

このうち、通常ページが最優先で、これを100%翻訳した段階で、日本語が使用可能な言語となるようです。

個人的には、ユーザー・ガイドである程度プレーの方法が把握できれば、後は試合の展開がわかる方が面白いと思うので、優先順位は「ユーザー・ガイド > Live match > 通常ページ」だと思っていたのですが、まあそういう事なら通常ページから訳しましょう。


Hattrick の翻訳では、ある程度は日本語化されていたところからのスタートだったのに対し、今度は完全にゼロからの作業になります。
しかもまだルールも良くはわかっていない。
現状翻訳担当は私だけ。

だいぶしんどい作業になるかと思ったのですが。。。
正直に言えば、予想していたほどの量ではない。
Hattrick での翻訳の経験から、年単位の作業になると思っていましたが、Hattrick よりも訳す必要のあるテキストはかなり少ないように思います(少なくとも通常ページとユーザー・ガイドに関しては)。
逆に言えばマニュアルがあまり丁寧ではないということなのかも。

Live match に関しては少々手こずりそうな感じはあります。


昨日から始めて、現在の進行状況は以下の通り。

通常ページ: 14.84%
ユーザー・ガイド: Paragraph #2 のみ
Live match: 0.00%

頑張れば1,2ヶ月のうちに通常ページは何とかなるか?

よろしければ RSS の登録やブックマークをお願いします。

ブログランキングのページ

タグキーワード
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

本ブログではトラックバックを歓迎します。 トラックバックのガイドライン
この記事へのトラックバック
Copyright © 世界一面白いサッカーゲームは Trophy Manager All Rights Reserved.
このブログの管理人 N-Kobayashi, "N-K" への お問い合せはこちらから
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート