シーズン29 ワールドカップ予選アジア・オセアニア地区 - 世界一面白いサッカーゲームは Trophy Manager

シーズン29 ワールドカップ予選アジア・オセアニア地区

代表チーム
2012年07月20日
アジア・オセアニア地区

アジア及びオセアニア地域からのワールドカップ出場枠は7ヶ国です。この数は、この地域に属する国々の活動状況から算出されています。アジア及びオセアニア地区予選の各組は5もしくは6ヶ国から成り、各国同士ホーム・アンド・アウェイ2試合の総当りで行われます。そして、各組1位と2位の中で上位1ヶ国(勝ち点、得失点差、総得点数の順で決められる)がワールドカップの出場権を獲得します。

グループ 1
1 マレーシア
2 シンガポール
3 バーレーン
4 オセアニア
5 タイ
6 パキスタン

グループ 2
1 オーストラリア
2 日本
3 台湾
4 オマーン
5 ネパール
6 韓国

グループ 3
1 サウジアラビア
2 ブルネイ
3 フィリピン
4 アフガニスタン
5 レバノン

グループ 4
1 インド
2 ニュージーランド
3 シリア
4 UAE
5 バングラデシュ

グループ 5
1 クウェート
2 ヨルダン
3 イラン
4 カタール
5 フィジー

グループ 6
1 香港
2 中国
3 ベトナム
4 インドネシア
5 イラク


現実のサッカーを想定すると、グループ2が悲惨すぎる。
オーストラリア、日本、韓国が同組なんて。。。

アジアは、一部の例外(インドネシアの19,296クラブとか、サウジアラビアの5,436クラブとか)を除いてチーム数が少ないので、出場枠はわずか7枠です。
しかし、FITA ランキングを見ると、上位には結構アジアの国が入っています。
2位香港、3位マレーシア、6位インド、9位オーストラリア、11位サウジアラビア、25位中国、39位ニュージーランド。。。
ちなみに日本は60位。
クラブ数(ユーザー数)と代表の成績は、あまり関連性がないようです(アジアで最もユーザー数の多いインドネシアは82位)。

代表の成績と出場枠を考えると、アジア・オセアニアが一番厳しい地区のように思います。

よろしければ RSS の登録やブックマークをお願いします。

ブログランキングのページ

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

本ブログではトラックバックを歓迎します。 トラックバックのガイドライン
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/282074777 ※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
この記事へのトラックバック
ワールドカップ予選アジア・オセアニア地区グループ2
Trophy Manager でワールドカップ予選グループ分けが行われました。 日本はアジア・オセアニア地区のグループ2です。 オーストラリア 日本 台湾 オマーン ネパール 韓国 オーストラリア..
Weblog:世界一面白いサッカーゲームは Trophy Manager  Tracked:2012.07.21 21:59
Copyright © 世界一面白いサッカーゲームは Trophy Manager All Rights Reserved.
このブログの管理人 N-Kobayashi, "N-K" への お問い合せはこちらから
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート